おひげの日記

 家の事、木の事 建築に関する情報を書いていきます。
2009/05«2009/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2009/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
大西邸2
鳥居組というやり方で 柱と梁を横にした状態で組み クレーンで立て起こして組んでいきます。


大西邸9
柱が垂直になるように 建て起こし作業の風景です①

oonisi.jpg
柱が垂直になるように 建て起こし作業の風景です②

大西邸6
柱が垂直になるように 建て起こし作業の風景です③


大西邸3
鳥居組で組んでいく様子 ①

大西邸
鳥居組で組んでいく様子 ②


大西邸1
鳥居組で組んでいく様子 ③

大西邸10
鳥居組で組んでいく様子④

大西邸4
組み込んだ部分が抜けないようシャチ栓を打ち込んだ部分



大西邸7

大西邸8



スポンサーサイト
     
 きざみ期間約3か月 昨日19日より上棟.


 今回の家は 2階建と平屋の二棟を繋いだ家です。
 2階建ては土間が多く柱を落とし(土台より下に下ろす)ため
 組むのが大変です。
 平屋は 数寄屋のイメージで 廊下の桁を磨き丸太の細身(末口120MM)を
 使っています。 
 その部分は垂木表しにしていますが
 ちょっと 変わった納め方をしています.

 今日も暑くなるようです
     
いよいよ 今日から 上棟です。

お施主様とは もう 3~4年のお付き合いで 当社の見学会に
何度も足を運んでくださり プランを考えてきました。
そして ようやく 今日の上棟にたどり着きました。

これからが本番です。 お施主様と共に 完成を楽しみに
頑張っていきます。



伝統工法の上棟見学を希望される方は ご連絡下さい。
上棟 6月19日(金)~6月21日(日)まで 

今回 みがき丸太を使用した 数奇屋風の平屋の離れがあります。
本家は 通柱 6寸、大黒柱は 7寸を使用しています。



     
 新潟で、解体されていた古民家の検品した古材が
 運ばれて来ました。
 大型トラック2車と4トン車できましたが
 多分重量オーバーではと、思います。
 後 交換材が4トン車以上で、1車来ると思います。
 今月20日頃から、仮組する予定です。
 でも 古材を見ると いつも思うのですが
 昔は大きな材料が沢山あったのと またそこに  
 そのまた昔の古材を 使っているんですよね。
 最近 よく言われている エコ 200年住宅なんて
 昔の人て 当たり前だったんですよね。


     
 何年ぶりかで 新潟県上越に 行ってきました。
 その当時は、高速が繋がって無かったので 8時間ぐらいだったのが 高速が出来たおかげで 
なんと 3時間半ぐらいでついてしまい新潟がこんなに近いとは びっくりです。
 当面は 新潟へ行くことが多くなると思います。
 今回は 知り合いが古民家を購入したので、材料検品に行きました。
 今後 郡上へ運び 仮組をします。 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。