おひげの日記

 家の事、木の事 建築に関する情報を書いていきます。
2010/09«2010/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2010/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
栃の尾縮小写真
築140年 約10年空き家だった古民家を地元の方で改修。 地域活性化を行うことを目指して「ふるさと栃尾里山倶楽部」を発足させ、「里山の宿 源右衛門」として生まれ変わりました。都会の人の田舎暮らし体験を受け入れてみえます。


縮小写真2
北側の屋根に煙突が出ます

縮小写真
ここに薪ストーブを設置場所です

縮小写真3
岩のほりこたつ?
スポンサーサイト
     
今回は岐阜市古民家の改修が始まります。お施主様には 半年近く お世話になりますが どうぞ 宜しくお願いいたします。
当初85年前と聞いていましたが そうではなく 85年前に移築されたとのことで 実際のこの家の年齢ははっきり分かりませんが 多分 150年ぐらい経っているみたいです。
解体していたら 床下より 堀こたつのとうな細長いろりが出てきました。昔蚕を飼っていたのでは…蚕用の暖房だと思います。

安田邸解体2

服部邸かいこ
     
人造大理石の浴槽は保温力があまりないので 発砲ウレタンを吹き付けました。
缶で7本分使用しましたが これで 浴槽のお湯がかなり冷めにくくなります。

浴槽6

浴槽5
     
連休に知り合いのステンドグラス作家 三ツ矢さんの作品展を見に行ってきました。
作品展の場所は 美濃加茂の正眼寺です。このお寺は修行寺で 昔 巨人の王選手が修行されたそうです。

一升瓶にろうそくを入れた瓶が200本以上並び 火を灯したところです。ほのかな灯りが幻想的で奇麗でした。
また 葉っぱの形に切った鏡の上に置かれていた球体ガラスが見る方向にって色々な景色に変わりこれもまた奇麗でした。

今工事中の 古民家の移築再生現場は三ツ矢さんの ステンドグラスをオーダーして入れるようになっています。
楽しみです・・・



正眼寺1

正眼寺2

正眼寺3

寺




寺5

寺6

寺7

寺9
     
服部邸
西壁


服部邸2
北壁

北側と西側の壁写真ですが 西壁は反射して文字がよく見えないと思いますが これは 西壁、及び屋根と南壁には遮熱シートが貼ってある為です。紙に上に銀(アルミ)が貼ってあるだけですが よく熱を遮断し効果大です。
北側は貼ってありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。