おひげの日記

 家の事、木の事 建築に関する情報を書いていきます。
2010/11«2010/12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2011/01
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
 今年も後14時間となりました。
 来年も 社員一同 一生懸命にお客さまの夢を
 作るために がんばります。
 良いお年 お迎えください。

 
スポンサーサイト
     
IMG_2257_convert_20101231002427.jpg


IMG_2446_convert_20101230225226.jpg

店舗の改修工事です。当社がいつもお世話になっている 英国アンテークのお店です。
古い足場板を利用しました。
完成後 また アップします。
     
IMG_2447_convert_20101230205419.jpg

居間の薪ストーブの壁を 大谷石で作っています。

大工仕事は 最終に近づいてきました。
来年は6日から工事に入ります。 
 
IMG_2456_convert_20101230233450.jpg


     
玄関の床板をはっているところです。 上り框は桜の鴨居(古材)を使用 床は縁側に使ってあったケヤキ(古材)で朝鮮貼りです。板の厚みが違うので1枚1枚調整しながら貼っています。 又 板と板の間の帯もケヤキ(古材)で大広間の化粧ヌキに使ってあったものを使用してあります。

玄関2

服部 玄関1
     
先日 知り合いの方より古民家の連絡が入り 宮川村へ見に行って来ました。
築120年の家です。本体部分は4間(7.28m)×7間(12.74m)、8帖4室と6帖4室の広さです。
柱ケヤキ180m/m~220m/mで 材はケヤキ、ヒバ、 差し鴨居は高さ30cmでケヤキ、 梁は栗、杉。
特に屋根の上り梁は栗で外に50センチほど出て屋根を支えているので 屋根の出が120cm近く
出ています。    とてもおもしろい家になりそうですよ。
興味のある方はご連絡下さい。ご案内いたします。




こみんか

古民家

kominka.jpg


こみんか2


     
ようやく 屋根反面が葺き終わり 残り反面の板を打っています。
りゅうこう

通常とは逆に上から貼って下がっていきます。
     
11月19日20日は上棟でを行いました。材料は土台柱、胴差し、小屋丸太は地松、横材は杉を使用するのが当社の基本です。長ほぞを使用している為 上棟前日に通し柱の部分は鳥居組をします。(神社の鳥居に似ているためこう呼びます)それでも上棟時にはこの鳥居組の建て起こしだけで半日かかってしまいますね。
縮小写真5

IMG_2114_convert_20101202013600.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。